アイキ工業株式会社
秋山会長 写真
T.Akiyama
つねに未知の世界に向かって失敗しよう。
 昭和40年、プラスチックス加工機械メーカー在職中に、ヒノッキー、ユニマーキーを開発し、昭和42年に独立。その後ニッカラー(グラビア印刷・グラビア オフセット兼用印刷機)、続いて新鋭機プリマックAP-O型(セパレート印刷機)を開発し、現在も全国の段ボールメーカーで使われています。また、昭和45年にカットテープマシン、昭和48年に反り矯正モイスナーを開発。この頃から水スプレー装置も開始した。昭和55年、現在の再加熱型スチーマー完成(昭和57年、米国ウエストバコ社と特許契約)。昭和60年頃から反り矯正モイスナー装置を本格的に展開。平成10年には、加速スチーマー装置による3層段ボール製造にも成功。最近では強化中芯用の段山加熱モイスナー装置を使用して、コルゲートマシンの速度及び品質向上に活躍中です。何ごとも失敗を恐れず果敢に挑戦することを信条とし、常に新しいニーズの発掘と解決を求め続けたい。

会長取締役  秋 山 利 光

LET'S MAKE FAILURES FOR THE FUTURE!
I had establishued“AIKI”in 1967, our the first product was UNI-COLOR PRINTER(Uni-Marky).
Since, we always try to be a good partner with corrugater machine, and now our“AIKI”brand has been known well as satellite equipments maker among the corrugater machine maker and card board makers.
We have proud as pioneer-developper in this field.
Therefore we faced so many unknown matters.
However we never afraid fail, such fail guid us to new stage,
we believe so.